入居中の困りごと
入居時の確認事項
暮らしのマナーとルール
自転車シールの申し込み
共用電灯切れの御連絡
車庫証明のとり方
メンテナンスは案外簡単!
インターネットの契約・解約について
防犯講座
女性のための防犯講座
ドアや窓に対する防犯講座
更新について
賃貸借契約の更新
家財保険の更新
入居快適あんしんサポート24の更新
退去について
退去の流れ

リンク集

住まいのしおり

暮らしナビ

女性のための防犯講座

性犯罪の実態を認識しましょう

性犯罪の認知状況(過去10年)福岡は、性犯罪被害ワースト1!

時間帯では

平成21年に警察に届け出のあった性犯罪 前兆事案は、1,598件(1日4.4件)

行為種別 公然
わいせつ
下着盗 ちかん 盗撮 のぞき 声かけ つきまとい その他 総数
件数 451 32 421 71 29 355 120 119 1,598
比率(%) 28.2 2.0 26.3 4.4 1.8 22.2 7.5 7.4 100.0

犯行の手口

自宅内
無締まりの玄関や窓などから侵入。
玄関ドアの鍵を開けた瞬間、室内へ押し込む。
宅配業者等を装い、ドアを開けさせて侵入。
屋外
駅やコンビニで女性を探し、その後をつけて、人目のない暗い場所で襲う。後方から追い越す際に、身体を触る。
住民を装ってマンション内に侵入し、脅して踊り場など、人気にないところに連れ込む。

性犯罪被害の特徴

屋内被害
約6割が、自宅での被害
約4割が、被疑者宅・ホテルなど
自宅内被害
在宅中の被害が約8割で、そのうち就寝中が約7割
就寝中の被害は、すべて無締まりの玄関や窓からの侵入
被害多発時間帯
午後9時から午前3時までが約5割
年齢層が高くなるにつれて、時間帯も昼間から深夜が多くなっている。

犯人の心理

被害者を選ぶ理由
@自分好み
A興奮する服装
B一人でいた・一人暮らし
C警戒心が薄い・無防備
犯行に及ぶ時間帯・場所を選ぶ理由
@対象者がいそう
A人目につかない
B対象者に気づかれにくい
C逃げやすい
犯行を最初からあきらめる理由
@人通りが多い
A対象者の警戒心が強い
B複数人で行動している
C防犯ブザーを目立つように持っている
犯行を中断する理由
@騒がれた・抵抗された
A防犯ブザーを鳴らされた
B人が通った・声をかけられた
C催涙スプレーをかけられた

防犯対策

屋外にて
@夜道は、遠回りでも明るくて人通りのある道を選ぶ。
Aできるだけ、友人などと一緒に複数で帰る。
B携帯電話や音楽プレーヤーなどに夢中にならずに、周囲を警戒して歩く。
Dエスカレーターや書店等で、背後に人がきたら振り向いて警戒する。
※階段やエスカレーターでは、盗撮・のぞき見されないよう、スカートを手やカバンで押さえる等しましょう。
屋外にて
@エレベーター内では男性に背中を見せない。
A非常ボタンが押せる位置で、男性の顔が見える位置に立つ
自宅にて
@オートロックや玄関の鍵を開けるときは、周囲に人がいないことを確認する。
A玄関に入った後は、すぐに玄関の鍵を閉める。
Bオートロックだから、高層階だからと油断することなく、玄関や窓に鍵をかける。
C宅配などは、すぐに玄関ドアを開けることなくドアスコープで、相手を確認する。
※不用意にドアを開けず、ドアチェーンを掛けたまま応対する。

講座のまとめ

@「自分は大丈夫」は危険!「鍵かけの習慣化」など、隙を見せない。
A 生活地域の被害実態を知る。「ふっけい安心メール」や県警ホームページ等で、
発生実態を知る。

福岡県警察ホームページ http://www.police.pref.fukuoka.jp/

防犯講座トップページへ戻る

入居中のお困りごと

メールでのお問い合わせ