COMPANY 企業情報

Fiduciary Duty宣言

三好不動産は物件管理から資産管理へ総合不動産コンサルティング企業を目指します

不動産を「所有する」時代から、資産を「運用する」時代へ移っておりますが、社会環境の変化にいち早く対応し、現状サービスだけにとどまらず、資産全体を有効活用する事(アセットマネジメント)の重要性を自覚し、三好不動産では資産運用全般にかかわる総合コンサルティングに取り組んでまいりたいと思います。その一環のサービスとして、投資を目的とした、証券・生命保険・相続業務などの金融サービスについても、積極的にご提案させていただいております。常に新しいサービスを模索し、地域に密着した、なくてはならない企業として、みなさまに貢献していけるように努力してまいります。

基本行動

1.お客様利益の最大化

お客様のリスク・ニーズを的確に把握し、お客様の意向に沿った保険及び金融商品の提案を行います。同時に、お客様に誠実・公正に対応することにより、お客様の利益の最大化を追求します。

2.お客様の意向に沿ったサービスの提供

お客様の信頼と期待にお応えできるよう、お客様の意向と状況に応じた適切な保険設計及び金融商品の販売・勧誘活動を行います。保険及び金融商品取り扱い部門においては、販売後もお客様へ保険・金融商品の情報提供、適切なコンサルティングフォローを行ってまいります。

3.お客様へ大切な重要情報の提供

お客様にご提案する金融商品やサービスの説明に際しては、お客様の知識、経験、資産の状況、ご希望内容を総合的に判断し、商品内容・リスク内容等の重要な情報に関して、お客様にご理解いただけるよう説明資料や見積書など資料を使用し、分かりやすく丁寧に説明を行います。
また、ご高齢のお客様及び障がいをお持ちのお客様等、特に配慮が必要と判断されるケースには、誤認が生じないよう親族へ連絡・説明の同席へ依頼等、複数募集人でのご説明等、必要に応じて分かりやすく丁寧に説明を行います。

4.利益相反の適切な管理

金融商品取引業者である弊社は、保険及び金融商品の募集・販売等を行う対価として、保険会社、証券会社から代理店手数料を受領しますが、代理店手数料の多寡で募集を行うことなく、お客様の金融商品に対するご意向、取扱商品の推奨方針、重要事項の説明などの適切な保険及び金融商品販売募集を行い、お客様の利益が不当に害されることがないように努めると同時に、消費者契約に関する法律等を遵守し、公正、透明であるために、適切に利益相反を管理・検証する態勢を整備します。

5.お客様第一の業務運営、人材育成及び組織体制の構築

お客様に対して高いレベルのサービスを提供できるよう、資産コンサルティングのプロ集団として、知識、技能、人格の向上に努めコンプライアンス及び本方針を正確に理解し行動できるよう、社員教育や研修に取組ます。加えて、本方針に沿って行動をしているかという視点で弊社募集人と管理責任者との人事評価面談の中で募集活動の確認作業を採り入れ、適切な動機づけの仕組みと管理体制を構築します。

本方針の推進に向けた具体的な取組及び指標(KPI)

  1. 2020年2月1日~2021年2月28日時点の「ご指摘」件数1件となっております。引続き、年間「ご指摘」件数5件以内を目標にお客様対応履歴、お客様ご要望・ご指摘等の「お客様の声」を広く収集し、その内容に基づき業務改善及び苦情の再発防止に努め、お客様のご意向に沿った保険及び金融商品販売の推進を図ります。
  2. コンプライアンス、商品・周辺知識習得に向けた社内外研修を定期的に実施・参加します。また、社内研修も月2回を目標に実施します。
  3. 2016年2月1日~2021年1月31日時点の生命保険契約継続率96.79%となっております。引続き、60ヶ月継続率95%以上目標に今後もお客様から信頼していただくため、お客様へのサービスに向上に努めます

以上

PAGE
TOP