COMPANY 企業情報

企業理念

社是

感謝感激感動される会社になろう

経営理念

三好不動産は、不動産業界のモデル企業として、
会社の発展と社員の幸せを実現するために、知識・技能・人格を修め、
真のプロ集団を目指し、社会に貢献する勤勉企業に挑みます。

三好不動産 三つの誓い

ゾウのマークへの思い

しっかりと大地に足をつけて、力強く前進する。
私たちは不動産を通じて、お客さまに安心と豊かさをご提案する、
頼りになる存在でありたい。
ゾウのマークに込めた三好不動産の思いです。

ビジョン「超・不動産宣言」

「不動産会社」とは、生活基盤となる「住」を担う業種です。ライフスタイルの根幹にかかわる仕事だけに、そこに求められる業務は、当然「管理」「仲介」だけではありません。

都市開発によって発生する人口流入には、社会・環境問題が伴うかもしれません。少子高齢化問題には、高齢者居住支援や相続問題が無視できないかもしれません。
住空間のニーズも変化します。1DKが不足していた地域で2LDKが必要とされる時代だって来るでしょう。
私たちは、不動産を「資産」のひとつと捉えています。 資産の運用やそれを守ることが難しい時代だからこそ、ファイナンシャルプランナー的考え方が、不動産に求められています。

そんな時代の潮流の中で、福岡の住環境の質がどうすれば向上するのか?私たちはこの命題を多面的に考えるため、視野を広げる企業努力を大切にしています。そこから見えてくる「住環境への期待」。
新入学生や転勤、社宅の居住斡旋、高齢者の居住支援から、相続対策、土地活用に至るまで、不動産業をさらに進化させた「資産のコンサルティング」こそ、「超・不動産宣言」なのです。

創立以来守り続けていることがあります。「地域でお役に立つ人材・企業」の精神。今後も誠意ある人材育成に情熱を傾けて取り組んでいきます。

常に社会に貢献し、なくてはならない地域No.1企業へと成長するため、心から「ありがとう」って、言ってもらえる場面を大切に、全社一丸となって努力してまいります。

三好不動産のSDGs

三好不動産はSDGsの主役は「人」だと考えます。
人には貴重な「資産」が2つあります。一つは、土地や住宅、預貯金などの「目に見える資産」。そしてもう一つは、家族や人脈、健康や知識などの「目に見えない資産」。この二つの資産は、人生を支えてくれるかけがえのない両輪とも言えます。

人生には、入学、卒業、就職、転職、結婚、出産、子育て、そして相続とたくさんの節目があります。これに伴い、人と土地・住宅との関係は、「借りる」「買う」「活かす」「遺す」と、連続しながら変化していきます。そして、節目節目ごとの人生を豊かにしてくれるものが家族・人脈・健康・知識などの目に見えない資産です。

三好不動産は時代の潮流を的確にとらえながら、人と資産との関係性を一貫して見守り、サポートしていきます。年齢、国籍、障がい、出自、あるいは経済的地位等に関係なく、「すべての人の幸せにつながる人と資産との深くて強い関係づくり。」

それが三好不動産が目指すSDGsの形です。

健康経営宣言

株式会社三好不動産は、社員がやりがいと誇りを持ち、心身ともに健全であることが重要な要素と考え、健康5ヶ条を掲げ社員の健康づくりを推進することを宣言し、これを「ふくおか健康づくり団体・事業所宣言」に登録しました。

第1条 定期健康診断の受診率100%を徹底します。

第2条 がん検診などの任意検診の受診を促進します。

第3条 朝礼時に全従業員スクワットを100回行います。

第4条 就業時間内は禁煙します。

第5条 イベントやサークル活動を通じて、「心とカラダの健康」を大切にし、社員の活力と生産性の向上を追求します。

 

PAGE
TOP