COMPANY 企業情報

企業理念

社是

感謝感激感動される会社になろう

経営理念

三好不動産は、不動産業界のモデル企業として、
会社の発展と社員の幸せを実現するために、知識・技能・人格を修め、
真のプロ集団を目指し、社会に貢献する勤勉企業に挑みます。

三好不動産 三つの誓い

ゾウのマークへの思い

しっかりと大地に足をつけて、力強く前進する。
私たちは不動産を通じて、お客さまに安心と豊かさをご提案する、
頼りになる存在でありたい。
ゾウのマークに込めた三好不動産の思いです。

Vision「all for family」

Value「超・不動産宣言」

その総合力で、不動産の枠を「超」えて。

その総合力で、不動産の枠を「超」えて。

「不動産会社」とは、生活基盤となる「住」を担う業種です。ライフスタイルの根幹にかかわる仕事だけに、そこに求められる業務は、当然「管理」「仲介」だけではありません。

私たちは、不動産を「資産」のひとつと捉えています。 資産の運用やそれを守ることが難しい時代だからこそ、ファイナンシャルプランナー的考え方が、不動産に求められています。

そんな時代の潮流の中で、福岡の住環境の質がどうすれば向上するのか?私たちはこの命題を多面的に考えるため、視野を広げる企業努力を大切にしています。そこから見えてくる「住環境への期待」。新入学生や転勤、社宅の居住斡旋、高齢者の居住支援から、相続対策、土地活用に至るまで、不動産業をさらに進化させた「資産のコンサルティング」こそ、「超・不動産宣言」なのです。

創立以来守り続けていることがあります。「地域でお役に立つ人材・企業」の精神。今後も誠意ある人材育成に情熱を傾けて取り組んでいきます。

常に社会に貢献し、なくてはならない地域No.1企業へと成長するため、心から「ありがとう」って、言ってもらえる場面を大切に、全社一丸となって努力してまいります。

三好不動産のSDGs

人生100年時代の“住”を“創る”ために。

人生100年時代の“住”を“創る”ために。

三好不動産の存在価値は「人生100年時代の“住”を創る」こと。そ のためには、このFUKUOKAという街が、生まれて人生を全うするまで「100年住み続けたい」という価値を維持する必要があります。

“ずっと住みたいFUKUOKA”へ。

“ずっと住みたいFUKUOKA”へ。

2015年9月25日の国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)には、17の世界的目標があります。その中で三好不動産がいちばん大きな目標に掲げたのは、11番に定められている“住み続けられるま ちづくりを”。「包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現する」ことです。

三好不動産の事業は、住まう場所、働く場所、街の賑わいを担う場所、それぞれの「借りる」「買う」「活かす」「遺す」に関わっています。“不動産”と“人”との良好な関係を永続的なものにすることが私た ちの仕事。“ずっと住みたいFUKUOKAを!”をテーマに、良好な関係を一貫して見守り、サポートして行かなくてはなりません。

人生100年時代になくてはならない街と人の関係を考え、その目標をひとつひとつカタチにしていくことが三好不動産のSDGsの取り組みです。

PAGE
TOP